Entries

玄葉さんのレーシック体験記 その1.そうだ説明会へ行こう

先日、一大決心をしてレーシック手術をしてきました。
せっかくなので、術前術中術後の様子を書き残したいと思います。


※私は眼科やレーシック業界の回し者でもなんでもない、一介の患者です。
※基本的にありのままを記載しますが、あくまで私の体験した内容であり万人が同様になるという事ではありません



-プロローグ-

以前からレーシックに興味はあったんですが、如何せん局部麻酔という意識がある状態の中レーザーで角膜を削るという空恐ろしい手術なので
「そんなおっかねー手術なんかやれるか!俺は眼鏡で暮らすぞ!!」
と思ってたのです。

が、3.11に遭ってから「寝てる(=眼鏡外してる)ときに地震にあって、眼鏡回収出来なかったらその後の世紀末を生きる自信が無い」という事に気づきました。
が、やっぱり怖いので「どーしよどーしよ」と思っていたところ、ものもらい治療で通院していた眼科でレーシック手術をやっている事が判明。
無料説明会も実施しているという事なので、とりあえず説明会へ参加してみる事にしました。


-無料説明会-
眼科のWEBサイトから説明会に申し込み、説明会当日に実際にレーシック手術を行う町田医院へ行きました。
説明会ではレーシックの原理や手術の仕方、起こり得るリスクについて書かれたパンフレットが配られ、医師がその内容についてプロジェクターを使ってもう少し詳しく説明をしていきます。
所要時間は30分程度ですかね。
その後質疑応答時間が設けられていたので私一人でかなり突っ込んだ質問をしましたが、真摯に回答して頂けました。
(今年7月末にレーシック難民の会とやらが記者会見()を行っていたので、そこで取り上げられていた内容を聞いてみたのデス)

その後術後1ヶ月程度経過した患者さんの体験トーク→手術室見学と続き、最後に希望者は適応検査を受けることが出来ます。
確か眼圧と角膜の厚みを調べました。
その後、検査データを基に医師が手術可能かどうかという説明をしてくれます。
※適応検査の有効期間は3ヶ月だそうです


これが無料説明会の大雑把な流れです。
さらに希望者はこのまま手術の予約を入れる事も出来ますが、玄葉さんは一度頭冷やして考えるため判断は保留にしました。
関連記事
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://206cc.blog26.fc2.com/tb.php/1070-1bc09f9f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

玄葉

Author:玄葉
※このblogは趣味人の部屋のコンテンツの一部として運用しております(ぺこり)

車&バイク&ミリタリー好きなのに、なぜか周囲からはアキバ系と思われている生ぬるいオタ。
でもへちょ風味。

基本スタンスは嫌韓&嫌中&嫌朝。
特アと在日とアカとその手先が吐くほど嫌いです。

生きる動力源は袴分と萌え分と幼分(ォ
これが無いと生きていけません(ォォ

愛機は99年式アルテッツァ SA200-Zエディション(愛称:伊那さん)と97年式ランツァ(愛称:ラン姉ちゃん)
やっぱり乗り物は軽量コンパクトに限るぜwww

クソうざくてファッキンなスパムコメントやスパムトラックバック等は見つけ次第ヒャッハー!します

なお、現在スパム対策でURLを禁止しているので、どうしても乗せたい方は何とかして下さい。

月別アーカイブ

ブログ内検索