Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://206cc.blog26.fc2.com/tb.php/1187-052bd9fe

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

魚美さんキズモノになる

戦の帰り支度中にダストカバーが開かなくなりました。
140413-22.jpg

正常位はこんな感じ
140413-21.jpg

同じようにチャーハンを引いているのに、ダストカバーがピクリとも動いていないのが分かるかと思います。



放っといても仕方ないので分解します。
アッパーレシーバー切り離しまではX-FIRE SCARインナーバレル組み込み方法を見ながらやりました。
工具は1.5、2.0、2.5、3.0の六角レンチとT25のトルクスドライバー、それにラジペンと+2のドライバーが必要です。

で、外したアッパーの覗くと・・・
140413-23.jpg

( ゚д゚ )oh...

中央右側が綺麗に折れてますね。
一先ず補修部品が来るまでの応急処置として、ダストカバーとボルトレイルを瞬着で固定しようと思います。
使ったのはウルトラ多用途SUです。
たまたま工具箱にあったのと、硬化後もある程度弾力性が残るのでボルト動作時の衝撃を少し吸収できるのでは?という淡い期待からです。

で、それをやるためにはボルトレイルを抜くのですが、これがまた面倒です。
何せファーストのPDWアッパーを組んでいるので、標準アッパーよりも面倒な気がします。
俺は面倒が嫌いなんだ。

で、スクリューホルダー中央の六角皿ねじを左右とも外します。
140413-24.jpg

次にレイル後部の六角皿ねじを外します。
140413-26.jpg


この時裏から見ると分かりますが、板ナットでネジを固定しているので板ナットをラジペンか何かで挟みながらねじを抜きましょう。
140413-25.jpg
140413-25b.jpg

そしたらアウターが動くようになりますので。アッパー前方の広がりまで持っていき、ゆっくりフォースで持ち上げます。
140413-27.jpg
写真では「フロントキャップ」を外してますが、外さなくてもOKです。


アウター外した状態でボルトハンドルを目いっぱい後退させ
140413-28.jpg

ボルトハンドル内のネジを90度回すとボルトハンドルが抜けます。
140413-29.jpg


これでやっとボルトレイルが引き抜けます。
140413-30.jpg

あとはボルトレイルとダストカバーを接着剤で固定して終わりなのですが、こちらのサイトにあるようにHOPウインドウを固定している3箇所のタッピングねじを固定しようと思います。
なお、固定には瞬着ではなくロックタイトを使いました。

この作業にはメカボを抜く必要がありますが、作業に集中して写真撮ってませんwwww
詳しくはこちらを参考にして下さい。







・・・最近のマルイは品質落ちてねぇか?
関連記事
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://206cc.blog26.fc2.com/tb.php/1187-052bd9fe

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

玄葉

Author:玄葉
※このblogは趣味人の部屋のコンテンツの一部として運用しております(ぺこり)

車&バイク&ミリタリー好きなのに、なぜか周囲からはアキバ系と思われている生ぬるいオタ。
でもへちょ風味。

基本スタンスは嫌韓&嫌中&嫌朝。
特アと在日とアカとその手先が吐くほど嫌いです。

生きる動力源は袴分と萌え分と幼分(ォ
これが無いと生きていけません(ォォ

愛機は99年式アルテッツァ SA200-Zエディション(愛称:伊那さん)と97年式ランツァ(愛称:ラン姉ちゃん)
やっぱり乗り物は軽量コンパクトに限るぜwww

クソうざくてファッキンなスパムコメントやスパムトラックバック等は見つけ次第ヒャッハー!します

なお、現在スパム対策でURLを禁止しているので、どうしても乗せたい方は何とかして下さい。

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。