Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://206cc.blog26.fc2.com/tb.php/214-0a22e352

-件のトラックバック

-件のコメント

[C279]

>果たして連れて帰ってきたのが良かったのかどうかは分かりません。
>もっと早く動物愛護協会に連絡すれば良かったのかもしれませんが、母親が居ると思いたかったのです。

私は正解だと思いますよ。

親猫は意外と育児放棄をするみたいですので、そのまま放っておいて親猫が戻ってくるとは限りませんし、いや、むしろ帰ってこない可能性のほうが高いかも。場合によってはいらんコドモは噛み殺すこともあるってことですから。
そんな無残な死に方でもなく、見取られない死に方でもなく、死ぬ前にわずかでも気にかけてくれた『誰か』がいたことが子猫にとってのほんのわずかな幸せだった、と思えば玄葉さんの行動は間違っていないと私は思います。むしろ、基本的に動物嫌いの私はそこまでの行動は多分取れないんで・・・。

と、いうわけで、そこまでネガティブになりなさんな!




……
余談ですが、親戚の家の猫は最初1匹だったのに、今ではなんと16匹。しかも2匹は妊娠中!!……長森家もびっくりのネコ屋敷です。
子猫のかわいさもここまでくるとゲッソリ…です…(笑)。
  • 2007-05-18
  • ぷぅ
  • URL
  • 編集

[C280]

土に還れる、還してもらえるってのは、野良にとっては
幸せなことのはずです。
僕はそう思います。僕もきっと同じコトをしたでしょう。
大丈夫、君のしたことは間違っていない。
最後に自分達を助けようとしてくれた人間がいた
という事を、きっと猫も分かってくれます。
そして猫の冥福を祈ってやってください。
それで十分のはずです。胸を張って良いと思いますよ。
  • 2007-05-18
  • ノリスケ
  • URL
  • 編集

[C281]

医者だって神様では無いですし、物はいつかは壊れ人だっていつかは死にます。人間のエゴだけではどうにもならない事がこの世の中にはあります。

でも、


それでも………、最後までそばで玄葉さんが世話をしてくれてこぬこもきっと天国感謝しているとおもいます(゚∀゚)

だから元気を出してくださいw
  • 2007-05-18
  • ☆どうけし☆
  • URL
  • 編集

[C282]

猫か・・・・・
平塚の社有車用駐車場に住み着いてた猫たちどうなったかなぁ・・・
同僚たち何人かで餌やったりしてたんだが、営業所自体が
無くなっちゃてはどうにもならねぇ
今でも元気なら良いなぁ・・・

埋葬といえば、猫埋葬しようと穴掘ったら、前に埋葬した猫が
出てきたときはマジびびった
同じとこ掘るなよ俺・・・・・orz
  • 2007-05-19
  • でんたま@おうち
  • URL
  • 編集

[C283] 可愛そう・・・だけど

でも、そういう運命だったのでしょう。せめて、埋葬してもらったことが、彼らにとって幸せだったのかも知れません。
  • 2007-05-20
  • ひろ
  • URL
  • 編集

[C284] レス

皆様ありがとうございます(ぺこり

結果的に3匹とも救えなかったのは事実であり、その十字架は一生背負っていくと思います。
ただ、これが自然界の掟だと自分自身を無理やり納得させていますが・・・。

わずか一週間でこの世を去った子猫たちの分まで、我が家のわんこを可愛がろうと思います。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

・゚・(つД`)・゚・

先日日記に書いたこぬこですが、今日3匹とも天国に行ってしまいました・・・orz

夕方作業現場から戻ってきてすぐに様子を見に行ったら、茶色と三毛1匹が冷たくなってました;;
夕べからお昼までの雨の寒さに耐えられなかったのでしょうか・・・
それでも三毛の残りはみーみー泣いていたので、急いでペットボトルにぬるま湯を詰めて保温。
さすがにこれ以上死なすのは忍びないので、明日動物愛護協会に電話で相談しようと思いながら帰宅。
夜になってから、親が会社の近くのジーンズショップへ買い物に連れてけというので、買い物に行った帰りにぬこの様子を見に行ったら、みーみー鳴いてました。
さすがに放っておけなくなったので、自宅で一晩お世話を決意。
あと、死んだ二匹を埋葬してあげるために一緒に自宅へ。

で、帰ってきて急いで保温してから二匹を近所の森に埋葬してきました。
戻ってきてすぐに暖めた牛乳(子猫用ミルクが売ってなかったのでやむを得ず)を飲ませてたんですが、段々飲まなくなってきまして・・・。
そして顔が映画やテレビでよくあるみたいに、すぅっと横に落ちたんです・・・。
てっきりミルクをお腹一杯飲んで寝たのかと思い布団に入れたんですが、少ししてから見ても姿勢が変わってないのですよ。
普段なら持ち上げるだけでみーみー言ってたのに無反応。
心臓の鼓動も感じられませんでした。

果たして連れて帰ってきたのが良かったのかどうかは分かりません。
もっと早く動物愛護協会に連絡すれば良かったのかもしれませんが、母親が居ると思いたかったのです。
実際倉庫の中で何度か大人の猫を見ましたし。

最後の一匹も、明日兄弟たちと同じ場所に埋葬してきます。
1週間も生きていけなかったけれど、最後まで3匹一緒に居させてあげます・・・。
望むならば、次生まれてくるときは幸せに生きて欲しいです・・・。

でも今回一番イヤだったのは、この結末をどこかで望んでいた自分自身です。
明日動物愛護協会に連絡しても、引き取ってもらえなかった場合はどうするのか?
既に我が家には犬が3匹いますし、会社で飼うわけにもいきませんし・・・。
こんな無力な自分がすこし嫌になった日の事。
関連記事
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://206cc.blog26.fc2.com/tb.php/214-0a22e352

0件のトラックバック

6件のコメント

[C279]

>果たして連れて帰ってきたのが良かったのかどうかは分かりません。
>もっと早く動物愛護協会に連絡すれば良かったのかもしれませんが、母親が居ると思いたかったのです。

私は正解だと思いますよ。

親猫は意外と育児放棄をするみたいですので、そのまま放っておいて親猫が戻ってくるとは限りませんし、いや、むしろ帰ってこない可能性のほうが高いかも。場合によってはいらんコドモは噛み殺すこともあるってことですから。
そんな無残な死に方でもなく、見取られない死に方でもなく、死ぬ前にわずかでも気にかけてくれた『誰か』がいたことが子猫にとってのほんのわずかな幸せだった、と思えば玄葉さんの行動は間違っていないと私は思います。むしろ、基本的に動物嫌いの私はそこまでの行動は多分取れないんで・・・。

と、いうわけで、そこまでネガティブになりなさんな!




……
余談ですが、親戚の家の猫は最初1匹だったのに、今ではなんと16匹。しかも2匹は妊娠中!!……長森家もびっくりのネコ屋敷です。
子猫のかわいさもここまでくるとゲッソリ…です…(笑)。
  • 2007-05-18
  • ぷぅ
  • URL
  • 編集

[C280]

土に還れる、還してもらえるってのは、野良にとっては
幸せなことのはずです。
僕はそう思います。僕もきっと同じコトをしたでしょう。
大丈夫、君のしたことは間違っていない。
最後に自分達を助けようとしてくれた人間がいた
という事を、きっと猫も分かってくれます。
そして猫の冥福を祈ってやってください。
それで十分のはずです。胸を張って良いと思いますよ。
  • 2007-05-18
  • ノリスケ
  • URL
  • 編集

[C281]

医者だって神様では無いですし、物はいつかは壊れ人だっていつかは死にます。人間のエゴだけではどうにもならない事がこの世の中にはあります。

でも、


それでも………、最後までそばで玄葉さんが世話をしてくれてこぬこもきっと天国感謝しているとおもいます(゚∀゚)

だから元気を出してくださいw
  • 2007-05-18
  • ☆どうけし☆
  • URL
  • 編集

[C282]

猫か・・・・・
平塚の社有車用駐車場に住み着いてた猫たちどうなったかなぁ・・・
同僚たち何人かで餌やったりしてたんだが、営業所自体が
無くなっちゃてはどうにもならねぇ
今でも元気なら良いなぁ・・・

埋葬といえば、猫埋葬しようと穴掘ったら、前に埋葬した猫が
出てきたときはマジびびった
同じとこ掘るなよ俺・・・・・orz
  • 2007-05-19
  • でんたま@おうち
  • URL
  • 編集

[C283] 可愛そう・・・だけど

でも、そういう運命だったのでしょう。せめて、埋葬してもらったことが、彼らにとって幸せだったのかも知れません。
  • 2007-05-20
  • ひろ
  • URL
  • 編集

[C284] レス

皆様ありがとうございます(ぺこり

結果的に3匹とも救えなかったのは事実であり、その十字架は一生背負っていくと思います。
ただ、これが自然界の掟だと自分自身を無理やり納得させていますが・・・。

わずか一週間でこの世を去った子猫たちの分まで、我が家のわんこを可愛がろうと思います。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

玄葉

Author:玄葉
※このblogは趣味人の部屋のコンテンツの一部として運用しております(ぺこり)

車&バイク&ミリタリー好きなのに、なぜか周囲からはアキバ系と思われている生ぬるいオタ。
でもへちょ風味。

基本スタンスは嫌韓&嫌中&嫌朝。
特アと在日とアカとその手先が吐くほど嫌いです。

生きる動力源は袴分と萌え分と幼分(ォ
これが無いと生きていけません(ォォ

愛機は99年式アルテッツァ SA200-Zエディション(愛称:伊那さん)と97年式ランツァ(愛称:ラン姉ちゃん)
やっぱり乗り物は軽量コンパクトに限るぜwww

クソうざくてファッキンなスパムコメントやスパムトラックバック等は見つけ次第ヒャッハー!します

なお、現在スパム対策でURLを禁止しているので、どうしても乗せたい方は何とかして下さい。

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。