Entries

アビオニクス魔改造 -前編-

試験も終わったし、ちょっとクド公の電子装置を魔改造してきた。
最近ニュース引用が多かったので、久々の100%オリジナルですw

090822-1.jpg

まずETCの電源ハーネスをぶった切る。
ここで、10年近く車いじってるのに考えられないミスをしでかす。
それは…
GNDと常時とACC電源ハーネスを同時に切った

切断に使ったニッパーは金属で出来ているので、電気を流します。
ETC本体は外していたとはいえ、ニッパーで+と-の線と切れば通電します。
えぇ、ショートさせましたorz

一体何を持って同時に切ろうとしたのか、いまでも分からないんですが、多分暑さでボーッとしてたんだと思います。
切った瞬間盛大に火花が飛びましたwwww
慌ててニッパーを離しましたが、後の祭りです。
急いで1本ずつ切って、電装系のシステムチェックです。

…エンジンかかんねぇorz
つかキーシリンダーが回らん。
※クド公はポケットに鍵を入れておけば、鍵穴に鍵を挿さなくてもキーシリンダーが回せるのです
ためしにキーシリンダーに直接鍵を挿すとエンジンは無事始動。
ただし、エンジン警告灯がついている上に、ナビが起動しない。
エンジンを切ってドアロックをしようとしてもキーレスが反応しない。

こりゃACChのヒューズが飛んだかな?と思い、ヒューズをチェックしてみるが問題ない。
もしかしてECU焼いちゃった?((;゚Д゚)ガクガクブルブル

震える手を押さえながら鈴菌ディーラーへ電話。
そしたら「1つのヒューズで複数のシステムと繋がっているので、全部のヒューズを見てみて下さい、それで駄目なら再度連絡下さい」とのことなので、クソ暑い中総当たり戦開始。
結果、「室内灯」のヒューズだけが吹っ飛んでいた。
多分これは常時電源のヒューズなんだろうな…

しょうがないので、急いで近所の自動後退へ同じヒューズを買いに走ります。
買ってきたヒューズを穴に挿入して、鍵をポケットに入れたままキーシリンダーを回すと、何事も無かったかのようにエンジン始動できましたヽ(>ω<)わふー!
幸いナビも一部設定が吹っ飛んだだけで無事でした。

問題が解決したところで魔改造を続けますw
こんな感じでぶった切った所に4Pカプラーをつけました。
090822-2.jpg
ハーネスが3本なのにカプラーが4Pなのは、別に深い意味はねぇですよ。
自動後退に3Pカプラーが無かっただけの話なので。

で、車体側のハーネスにもカプラーをつけます。
ACC、GNDと無事端子を付けて、常時電源に端子をカシメてたらGNDの端子に電工ペンチが接触…

またヒューズとばしちまった_| ̄|○

急いで端子をカシメてコネクタに挿し(端子同士の接触を避けるため)、ヒューズボックスをチェックします。
えぇ、また「室内灯」が飛んでました。
幸い買ってきたヒューズは2個入りなので、もう一度交換してシステムチェック。
またナビの設定データが吹っ飛んだだけで済みました(>ω<)

教訓:電装品をイジる時はバッテリーターミナルを外す、面倒な時は絶縁してショートさせない

で、出来たのがこちら。
090822-3.jpg

勘のいい人は、なんでこんな事するのかお分かりだと思いますが、アレをアレするためですw

続く。
関連記事
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://206cc.blog26.fc2.com/tb.php/581-06ce24a1

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

玄葉

Author:玄葉
※このblogは趣味人の部屋のコンテンツの一部として運用しております(ぺこり)

車&バイク&ミリタリー好きなのに、なぜか周囲からはアキバ系と思われている生ぬるいオタ。
でもへちょ風味。

基本スタンスは嫌韓&嫌中&嫌朝。
特アと在日とアカとその手先が吐くほど嫌いです。

生きる動力源は袴分と萌え分と幼分(ォ
これが無いと生きていけません(ォォ

愛機は99年式アルテッツァ SA200-Zエディション(愛称:伊那さん)と97年式ランツァ(愛称:ラン姉ちゃん)
やっぱり乗り物は軽量コンパクトに限るぜwww

クソうざくてファッキンなスパムコメントやスパムトラックバック等は見つけ次第ヒャッハー!します

なお、現在スパム対策でURLを禁止しているので、どうしても乗せたい方は何とかして下さい。

月別アーカイブ

ブログ内検索