Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://206cc.blog26.fc2.com/tb.php/781-0f60c552

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1829]

ふむふむ…今年度AEOの資格を取らなきゃいけない私にはうってつけの記事ですな!
俺得すぎてありがとう!
  • 2010-10-13
  • あかがま
  • URL
  • 編集

[C1830]

>>あかがま さん

A:アッー!
E:イイ
O:男

の略ですかw
  • 2010-10-14
  • 玄葉
  • URL
  • 編集

[C2494] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

電凸物語

ふと、海外から光学サイトを輸入したらどうなるのかと思い調べてみました。
税関のサイトを読み進めていくと、どうやら銃の部品や付属品は第19部-93類(武器及び銃砲弾並びにこれらの部分品及び附属品)に分類されているのですが、その93類の関税率表解説内に



1 この類には、次の物品を含まない。
(d)武器とともに使用するのに適する望遠照準器その他の光学機器
(第90 類参照。火器に装備したもの及び装備する火器とともに提示するものを除く。)

とあります。
で、第90類(光学機器、写真用機器、映画用機器、測定機器、検査機器、精密機器及び医療用機器並びにこれらの部分品及び附属品)関税率表解説を見ると、

90.13 液晶デバイス(より特殊な限定をした項に該当するものを除く。)、レーザー(レーザーダイオードを除く。)及びその他の光学機器(この類の他の項に該当するものを除く。)

9013.10-武器用望遠照準器、潜望鏡及びこの類又は第16 部の機器の部分品として設計した望遠鏡

 (5)屈折式又は反射式の武器用望遠照準器(単独で提示するものに限る。):武器とともに使用
 するのに適するもので、火器に装備したもの及び装備する火器とともに提示する光学機器は
 当該火器が属する項に属する(93 類注1(d)参照)。


とあります。

昨晩小一時間ほど頭を捻っていたんですが、良く分からないので東京税関 税関相談官へ電話して聞いてみました。
30分にわたる会話を全部を書くのは面倒なので、ある程度かいつまんで書きます。
俺は面倒が嫌いなんだ。

質問
・海外(主にアメリカ)から実銃の部品を輸入したい
・今考えているのはスコープやダットサイト等の光学照準器や、アイアンサイトである
・使用対象はプラスチックのBB弾を発射するエアガンという「遊戯銃」で「戦争ゴッコ」をする時に使う
・銃砲所持許可証は持って無い
・発送方法は航空貨物or国際郵便を想定

回答
・税関内でのデータでは、今回の質問の対象となるのは「ライフルスコープ」でありライフルスコープは「9013」に該当する
(ダットサイトは93類の「その他光学機器」に当てはまる)
・9013の説明文にもあるように、光学サイト単独で輸入する事が前提となる
・開封検査した結果、銃砲刀剣類所持等取締法に抵触している恐れがあるときは経済産業省貿易経済協力局貿易管理部貿易審査課への確認や、警察の鑑定が入ることもあり得る
・INVOICEの表記が「SCOPE」なのか、あるいは「RIFLE SCOPE」や「HUNTHING SCOPE」なのか、名前一つで対応が変わってくる。
(当然、「その手の」文言があれば93類に抵触する恐れがあるため、上記対応となる)
・後述するが、銃の付属品と判断された場合は送り返すか、その場で破棄に同意するかの2択となる

提案(というか意見?)
・製品と一緒に「これは銃用の光学照準器で、このように銃にマウントリング等を介して装着して使う」というのが分かるような取扱説明書もしくはそれに類する物があると良い
・箱や封筒、INVOICEに「遊戯銃用」であることを明記する
 (海外からだと「For AIRSOFT GUN Use ONLY」とかか?)

こんな感じでした。
電話に出た人は、トーシロの私相手に懇切丁寧に教えてくれたのは良かったんですが「エアガン?なにそれ食べ物?」みたいな感じだったので、一から説明するのが面倒でしたw
税関のスタンスとしては「コンプライアンス遵守でやってくれれば、それで良し」みたいですね(当然かw

余談ですが、お店がオマケとして付けてくれた等で、頼んでもないのに思いっきり規制対象のブツが入っていた場合は想像通り面倒な事になるので、お店に「余計なものは入れるな」と言ったりした方が良いかも。とも言ってました。

提案の中には、「買う前に経済産業省に事前に確認するとか、買った際に上記の文言を付けてくれと頼むとか、出来る限りの事はした方が良いと思いますよ」というのもあったので、経済産業省貿易経済協力局貿易管理部貿易審査課にも電話して、上記目的の場合に輸入承認証(I/L)は取れるのか?と聞いたら、「エアガンでの使用が目的での輸入承認は、銃所持許可証を持ってなければ承認できません」と一蹴されましたorz

銃砲刀剣類所持等取締法の中で、光学サイトなどは定義されてないんだがなぁ…
確かに第3条の2で

第三条の二  何人も、次の各号のいずれかに該当する場合を除いては、けん銃の銃身、機関部体、回転弾倉又はスライド(以下「けん銃部品」という。)を所持してはならない。
とあるけど、第3条の2や、その他の条文のどこにも「光学サイト」の類は定義されてないんだよね。
経済産業省の見解だと、「実銃用光学サイトは銃の付属品である」という解釈らしいんだが、どうにも腑に落ちん。

結論:個人輸入するなら、最悪破棄することを覚悟しておけ
関連記事
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://206cc.blog26.fc2.com/tb.php/781-0f60c552

0件のトラックバック

3件のコメント

[C1829]

ふむふむ…今年度AEOの資格を取らなきゃいけない私にはうってつけの記事ですな!
俺得すぎてありがとう!
  • 2010-10-13
  • あかがま
  • URL
  • 編集

[C1830]

>>あかがま さん

A:アッー!
E:イイ
O:男

の略ですかw
  • 2010-10-14
  • 玄葉
  • URL
  • 編集

[C2494] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

玄葉

Author:玄葉
※このblogは趣味人の部屋のコンテンツの一部として運用しております(ぺこり)

車&バイク&ミリタリー好きなのに、なぜか周囲からはアキバ系と思われている生ぬるいオタ。
でもへちょ風味。

基本スタンスは嫌韓&嫌中&嫌朝。
特アと在日とアカとその手先が吐くほど嫌いです。

生きる動力源は袴分と萌え分と幼分(ォ
これが無いと生きていけません(ォォ

愛機は99年式アルテッツァ SA200-Zエディション(愛称:伊那さん)と97年式ランツァ(愛称:ラン姉ちゃん)
やっぱり乗り物は軽量コンパクトに限るぜwww

クソうざくてファッキンなスパムコメントやスパムトラックバック等は見つけ次第ヒャッハー!します

なお、現在スパム対策でURLを禁止しているので、どうしても乗せたい方は何とかして下さい。

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。