Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://206cc.blog26.fc2.com/tb.php/852-8a4369f3

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「cpm」と「Sv」

シーベルトは「被曝した量」をあらわす単位です
1Sv(シーベルト)=1000mSv(ミリシーベルト)=1000000μSv(マイクロシーベルト)

それに対してcpm(カウントパーミニッツ:カウント毎分)は1分間に検出した放射線の量です。
どっちも放射線に関わる単位ですが、ごっちゃにしてはいけません。
車のエンジンの「パワー」と「トルク」を一緒に考えないのと同じことです。


パンピーは1年間で1mSvまでは被曝して良いことになっています。
また、原発で働く人やエックス線技師、放射性物質治療をする先生などの業界人は1年間で100mSv かつ 5年間で200mSvまでは浴びて良い事になっています。
これは適当に決まっているわけではなく、ICRP(国際放射線防護委員会)勧告という国際基準があります。
原発事故対応などの緊急事態では、1回の作業で100mSvまで許されています。

短時間に被曝した吸収線量が500mSvを超えると急性放射線障害が現れだし、1Svを超えるとかなり危険です。
7Sv行ったら100%死にます、マジで。


で、どっかのバカ(だれとは言わないけど、グルメと親子の痴話喧嘩漫画を描いてる人人)はcpmとSvが違うことを認識しつつ、それでも同一で考えていたりします。
確かにcpmが高いという事はそこに高濃度もしくは高い放射能を持つ放射性物質があるという事なので、その結果放射線量が多くなってSvが増えるといった程度の関連性はありますが、根本的に違うものですのでお間違えなく。
関連記事
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://206cc.blog26.fc2.com/tb.php/852-8a4369f3

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

玄葉

Author:玄葉
※このblogは趣味人の部屋のコンテンツの一部として運用しております(ぺこり)

車&バイク&ミリタリー好きなのに、なぜか周囲からはアキバ系と思われている生ぬるいオタ。
でもへちょ風味。

基本スタンスは嫌韓&嫌中&嫌朝。
特アと在日とアカとその手先が吐くほど嫌いです。

生きる動力源は袴分と萌え分と幼分(ォ
これが無いと生きていけません(ォォ

愛機は99年式アルテッツァ SA200-Zエディション(愛称:伊那さん)と97年式ランツァ(愛称:ラン姉ちゃん)
やっぱり乗り物は軽量コンパクトに限るぜwww

クソうざくてファッキンなスパムコメントやスパムトラックバック等は見つけ次第ヒャッハー!します

なお、現在スパム対策でURLを禁止しているので、どうしても乗せたい方は何とかして下さい。

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。