Entries

続・放射線を測るには

3.11以降、個人で線量測定する人が増えているようですね。

測るのは良いんですが、お約束事を守らないで測って勝手に(((((´;ω;)))))ガクガクブルブルしてる人が多すぎる気がします。
トーシロの主婦とか。

基本は以前書いたので、今回は補講的な意味で。
なお、一応業界人ですが正規の専門教育を受けたわけではない即席培養人なので、間違ってたら指摘して貰えると助かります。

最近、報道でちらほらとこのRDS-30を見かける気がするので、これを扱ってみたいと思います。
自分で貼っといて何ですが、リンク先には細かい情報がないのでメーカーサイト仕様書をPDFで配布しているので、これを見てみましょう。

・検出器:GM管
・レンジ:48Kev~1300Kev
・対象 :γ/X線

GM管ですが、最大1300Kevまでなのでβ線測定には使えないようですね。
表示レンジは先のリンク先で触れているからほうっておいて…

・校正線源:Cs137

多くのGM管はCs137でだいたい測定効率が1.0位になります。
つまり、Cs137に関しては何も考えずに使って良い事になります。


・エネルギー特性:30%
・方向特性   :25%

すいません、この辺は良く分からんですorz
探究心のある方は、電離箱ですがこちらを見て下さい。

…フツー線源に対して後や真横向いて測るマヌケは居ないよなw



で、ずーっと下の方に行くと右側にグラフがありますね。
これがRDS-30のエネルギー特性表です。
Cs137は662Kevでγ線のピークが一番良く出ます。
グラフで660Kev付近をプロットすると、左側の目盛りで大体1.0と交差します。
つまり、Cs137においては上で述べたように、出てきた値をそのまま信用出来る訳です。

が、グラフを見れば1以上もいたり、1未満も居たりします
そういう目盛りと交差するピークの波形を持つ核種の場合は、この左の値を加味する必要がある訳です。
それをやらないでいると、複数の核種を拾ったら訳わからん事になる訳です。

なお、Cs137と並んで話題のI131は365Kev付近で一番多くγ線を出しますが、先ほどのエネルギー特性表から見ると大体0.8位の効率になるので、I131の実際の値を知りたければ補正計算をする必要があるという事ですね。

多分機械の方で補正してるとは思いますが。


つまり何が言いたいかというと、出てきた値を正確に評価しなければあんまり役に立たないという事です。
土壌直上で測定して、その値だけ見て((;゚Д゚)ガクガクブルブルするのは…w
※砂遊びや地面のものを平気で掴むような幼児や、我々よりも遥かに地面に近い場所で生きてるわんこたちへの影響を考慮するというのであれば、それはそれで参考値としては使えますが
関連記事
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://206cc.blog26.fc2.com/tb.php/888-8ef5c127

0件のトラックバック

2件のコメント

[C2014]

結局あまり気にしなくても?ってことなんでしょうか?
まぁ淡々と毎日を過ごすしかない訳ですし・・・

  • 2011-06-29
  • ボルサリーノ
  • URL
  • 編集

[C2015]

個人で出来る事はたかが知れていますからねぇ…。
過度に恐れず楽観視しすぎず、これしかないかと思います。
  • 2011-06-30
  • 玄葉
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

玄葉

Author:玄葉
※このblogは趣味人の部屋のコンテンツの一部として運用しております(ぺこり)

車&バイク&ミリタリー好きなのに、なぜか周囲からはアキバ系と思われている生ぬるいオタ。
でもへちょ風味。

基本スタンスは嫌韓&嫌中&嫌朝。
特アと在日とアカとその手先が吐くほど嫌いです。

生きる動力源は袴分と萌え分と幼分(ォ
これが無いと生きていけません(ォォ

愛機は99年式アルテッツァ SA200-Zエディション(愛称:伊那さん)と97年式ランツァ(愛称:ラン姉ちゃん)
やっぱり乗り物は軽量コンパクトに限るぜwww

クソうざくてファッキンなスパムコメントやスパムトラックバック等は見つけ次第ヒャッハー!します

なお、現在スパム対策でURLを禁止しているので、どうしても乗せたい方は何とかして下さい。

月別アーカイブ

ブログ内検索